Welcome to my homepage

ワキガと多汗症の違い

ワキガと多汗症、全く同じものだと思っていませんか?実は、ワキガと多汗症は、それぞれに異なった特徴を持っており全く別物であるという事をしっかりと覚えておかなくてはいけません。ワキガも多汗症も体質によって起こりうるということは共通していますが、実際にワキガの原因となる汗腺と多汗症により出てくる汗腺は全くの別物です。

ワキガの場合、アポクリン汗腺というところから分泌された汗が脇の下の常在菌と混ざり合うことで独特のすっぱみのある臭いを発しています。逆に多汗症の場合は、エクリン汗腺という分泌腺から汗が原因となっていますので、汗の出る汗腺自体が全く違うのです。

エクリン汗腺から分泌される汗は体温を調節するための機能があり、臭い自体はほとんどありません。運動をしたり緊張して汗をかきやすい方というのは、エクリン汗腺からの汗が分泌されることで起こりますので、人間だれしもがエクリン汗腺から汗を分泌しているのです。

アポクリン汗腺から分泌される汗も人間が生きていく上で起こってくることではありますが、汗の量や脇の下の菌の多さによって臭いのきつさも変わってきます。体質的に汗をかきやすい方も非常にたくさんいらっしゃると思いますが、汗をかくことが多い=ワキガというわけではありません。洋服の脇の下の部分に黄ばみができたり、耳垢が湿っている等の症状が見られる際はワキガの可能性が高くなりますが、これらの症状が見られない場合は多汗症の可能性の方が高いですので、適した医療機関で相談してみましょう。


▲pagetop